STUDY in JAPANSTUDY in JAPAN

  • Link
  • FAQ
  • Student Guide to Japan 2019-2020
  • 日本留学奨学金パンフレット2019-2020
  • イベント情報
  • International Students Interview
  • 日本企業の皆様へ-外国人留学生の国内での就職状況等に関する情報について-

CONTACT

Planning studies in Japan

大学(学部)・短期大学

高等教育の中核をなす教育機関で、大学は修業年限が原則4年、短期大学は原則2年です。学校によっては、非正規生である聴講生、科目等履修生の制度があります。学位取得を目的とした長期留学の他に、学位取得を目的としない短期留学制度もあります。

1.入学資格を確認しよう!

いずれかの条件を満たしている必要があります。
  • ①外国において、学校教育における12年の課程を修了した者
  • ②外国における、12年の課程修了相当の学力認定試験に合格し、18歳に達した者
  • ③日本において、外国の高等学校相当として指定された外国人学校を修了した者
  • ④外国において、11年以上の、文部科学大臣に指定された課程を修了した者
  • ⑤国際バカロレア、ドイツのアビトゥア、フランスのバカロレア資格を保有するか、GCE Aレベル試験について、学校が個別に定める成績を満たした者
  • ⑥国際的な評価団体<WASC、CIS、ACSI>の認定を受けた教育施設に置かれる12年の課程を修了した者
  • ⑦高等学校卒業程度認定試験に合格し、18歳に達した者
  • ⑧学校教育法に定める上記以外の入学資格のいずれかの条件を満たす者
  • ⑨学校において個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達した者

2.学校を探そう!

大学・短期大学 選択のポイント!
授業・研究の内容→自分が本当に受けたい授業があるか?研究ができるか?教わりたい教員がいるか? コース(プログラム)→日本人と同じ授業を受講するプログラムか?英語による授業のみで学位を取得するプログラムか?長期プログラムか?短期プログラムか? 研究施設→研究のための施設が充実しているか? 入学試験→渡日前入学許可制度があるか?留学生のための特別選考があるか? 留学生の受け入れ実績サポート体制→日本語の補習授業があるか?留学生を支援するスタッフ、勉強や生活を助けてくれるチューターがいるか?就職支援があるか? 卒業後の進路→大学院への進学は?就職先は? 学費・その他必要経費→初年度は?二年目以降は?卒業までの総額は? 奨学金等の受給→学校独自の奨学金制度や学費免除・減免制度はあるか?受給できる確率は?渡日前に需給の有無が通知されるか? 住居→学校の寮や宿舎はあるか?アパートを紹介してくれるか? 所在地の環境→学校は勉強をしやすい環境にあるか?都市か地方か?気候には適応できそうか?
●『私費外国人留学生のための大学入学案内』

各大学の入学試験内容、留学生受験合格者数等の貴重な情報を収めたガイドブック。
編集・発行:公益財団法人アジア学生文化協会(日本国内での販売)

※日本留学促進資料公開拠点にて閲覧可能です。

3.出願書類を確認しよう!

  • ① 入学願書(大学所定のもの)
  • ② 高等学校の卒業(見込)証明書
  • ③ 高等学校の成績証明書
  • ④ 出身高等学校の校長または教員の推薦状
  • ⑤ 日本語能力・英語能力証明書
  • ⑥ その他

学校によって提出書類は異なり、また、日本語か英語の翻訳を 求められる場合があるので、詳しくは志望校に直接問い合わせましょう。

4.入学試験を確認しよう!

多くの学校では、日本人受験者を対象とした入学試験のほか、外国人(留学生)を対象とした入学試験も行っています。次のような項目を複数組み合わせて選考します。学校によって試験の方法が異なるので、学校の受験案内等で確認しましょう。

  • ① 書類審査
  • ② 学力検査
  • ③ 面接
  • ④ 小論文・作文
  • ⑤ その他の能力・適性等に関する検査
  • ⑥ 日本留学試験(EJU)
  • ⑦ 日本語能力試験(JLPT)
  • ⑧ 大学入試センター試験

5. 専門職大学・専門職短期大学とは?

特定の職業のプロフェッショナルになるために必要な知識・理論、そして実践的なスキルの両方を身に付けることができる大学・短期大学です。
長期の企業内実習を含む豊富な実習や、専攻する職業に関連する他分野の学修等を通じて、職業に直結する「高度な実践力」「豊かな創造力」を身に付けます。卒業者は、大学や短期大学の卒業者と同じ「学士」又は「短期大学士」に相当する学位を取得できます。

6.卒業・修了するには?

以下の要件を満たして卒業すると、学位が取得できます。

※大学によって独自の卒業単位数・要件を定めている場合があります。

種類 大学(学部)-一般の学部、4年制の薬学部 標準修業年限ー4年 取得単位数ー124単位 取得学位ー学士 種類ー大学(学部)-医学・歯学・獣医学の過程、6年制の薬学部 標準修業年限ー6年 取得単位数ー医学・歯学188単位以上 獣医学182単位以上 薬学186単位以上 取得学位ー学士 種類ー短期大学ー2年課程 取得単位数ー62単位以上 取得学位ー短期大学士 種類ー短期大学ー3年課程 取得単位数ー93単位以上 取得学位ー短期大学士 種類ー専門職大学 標準修業年限ー4年 取得単位数ー124単位以上 取得学位ー学士(専門職) 種類ー専門職短期大学ー2年 取得単位数ー62単位以上 取得学位ー短期大学士(専門職) 種類ー専門職短期大学ー3年課程 取得単位数ー93単位以上 取得学位ー短期大学士(専門職) ※前期課程、後期課程に分かれた専門職大学の前期課程を修了した場合、「短期大学士(専門職)」の単位を取得できます。