STUDY in JAPANSTUDY in JAPAN

  • Link
  • FAQ
  • Student Guide to Japan 2019-2020
  • 日本留学奨学金パンフレット2019-2020
  • イベント情報
  • International Students Interview
  • 日本企業の皆様へ-外国人留学生の国内での就職状況等に関する情報について-

CONTACT

沿革

https://www.toyo.ac.jp/ja-JP/about/

外国人留学生進路状況(平成29年度実績)

就職実績(企業名)

  • ●同一都道府県内
    ANAエアポートサービス(株)、(株)京王プラザホテル、(株)資生堂、東洋水産(株)、(株)パソナ、(株)ファミリーマート、藤田観光(株)、マンダリン・オリエンタル東京(株)、(株)ミスミグループ本社、矢崎総業(株)  (社名五十音順)
  • ●同一都道府県外
    (株)キーエンス、(株)しまむら、東芝デバイスソリューション(株)、西尾レントオール(株)、(株)ニトリ、日本電産エレシス(株)、富士ソフト(株)、まいばすけっと(株)、(株)丸和運輸機関、(株)ミキハウス  (社名五十音順)

就職支援に関する取組

  • ●外国人留学生のインターンシップへの参加について
    任意
  • ●留学生向けに特化した就職ガイダンスの実施について
    実施している
  • ●留学生向けに特化した合同企業説明会の実施について
    実施している
  • ●留学生向けに特化した企業との交流会について
    実施している
  • ●留学生向けに特化したキャリア科目の実施について
    正課
  • ●留学生向けに特化した日本企業文化理解科目の実施について
    正課
  • ●その他の取組みについて
    ・島根県、石川県等、地方へのインターンシップツアーの企画、実施 ・学外団体に委託し、都内近郊のインターンシップの紹介。 ・ビジネス日本語教育 ・キャリア教育

留学生のOB/OGインタビュー

●インタビュー1
ペンネーム:
W.W
就職先:
貿易業界
インタビュー:
学部4年夏に中国上海の企業から内定をもらっていましたが、卒業論文執筆で4年の後期も日本に滞在していたため、日本でも就職活動を行い11月に内定をもらいました。家族からは日本で働くことを反対され、周りの中国人留学生も中国で就職しましたが、アルバイトだけでなく企業文化を体験したかったので、日本で就職をしました。
日本で就職してみてさまざまな文化の違いを感じました。報告・連絡・相談の範囲や自己主張の程度など、中国では問題ありませんが、日本ではダメだという文化のずれがあります。日本の会社に合わないと感じてしまう部分もありますが、やはり自分自身も反省しなければなりません。最初はとても辛いですが、やらないとわかりません。相手の文化を知り、尊敬することが大事です。
自分も就職して半年経ちますが(2017年10月現在)、なかなか慣れずに辞めたくなったこともあります。それでも責任感をもって根本的原因を究明した上で、その状況を克服し乗り越えていけばうまくやっていけるはずです。まさに日本のことわざにある「石の上にも3年」「郷に入らば郷に従え」です。

●インタビュー2
ペンネーム:
D.Z
就職先:
日本語学校国際事務
インタビュー:
日本で大学まで出たのにこのまま母国のモンゴルに帰るのはもったいないと思いました。日本を十分に理解するためには学校だけでなく社会にも出たいと考えました。またモンゴルは新卒が評価されにくく職歴がないと就職するのも厳しい社会的状況があります。そこでまず日本で就職することを決めました。将来的には日本とモンゴルを行ったり来たりできるような仕事をしたいと思っています。
就職活動を振り返ってみると、就職活動を始めるもっと前、3ヶ月前から企業調査をやっておけばよかったです。また就職活動中は忙しくなるので、アルバイトや学業との両立がたいへんですし、お金もかかります。事前にアルバイトをして就職活動の資金を貯めておくといいですし、勉強も準備をしておいたほうが支障をきたしません。
また日本の面接は個人面接やグループ面接など様々な形式がある上、日本語で行われるのでたいへん緊張します。やはり準備が大切です。自分のことをよく理解し準備した上で就職活動を始めた方が悔いは残りません。準備をしないで仕事を決めても入った後がたいへんです

●インタビュー3
ペンネーム:
F.H
就職先:
ホテル業界
インタビュー:
もともと中国の大学に通っていましたが、日本人の先生に出会って日本にさらに関心を持つようになり、東洋大学に入学しました。日本が好きで生活や性格が合います。大学を卒業した後も、日本の会社や仕事スタイルが合うと思い、日本で就職することにしました。
3年生のときまでに卒業単位を全部取得し、2015年10月(3年生後期)から就職活動を始めました。大学主催の就職セミナーや講座、オンライン動画も大きく役立ちました。インターンシップも体験し、学内の先生の紹介で月2~3回程度(在宅含む)の国際支援系団体インターンシップに半年以上参加し、事務系の作業(イベントの講演、手伝い含む)に従事しました。就職活動に直接関係はありませんでしたが、非常にいい経験でした。
就職活動をして働いてみて思うのは、大手やランキング上位、上場、有名ということに捉われるのではなく、会社を決めるときは慎重になるべきということです。有名でなくても、または地方にあっても自分に合う会社がいいと思うので、在学中に東京以外の街で就職することについてもっと考える機会があればいいと思います。

日本語教育に係る取組

  • ●日本語教育に係る取組①
    ※外国人留学生向けの就職をサポートすること目的に、「ビジネス日本語の授業・講座」の開講状況について 
    ビジネス日本語の授業・講座(受講任意)
  • ●日本語教育に係る取組②
    ※外国人留学生向けの就職をサポートすること目的に、「ビジネス日本語の授業・講座」の開講以外の取組について
    オンラインビジネス日本語コンテンツの作成、BJTテスト模擬問題の作成。
    学外実施外部試験の検定料補助。

問合せ先(キャリア担当窓口)

  • 〒112-8606
  • 東京都 文京区 白山5-28-20
    東洋大学 8号館2階
    留学生就職支援室
  • TEL:03-3809-4169
  • Email:ml-biznihongo@toyo.jp