本サイトは文部科学省及び外務省の協力の下、(独)日本学生支援機構が運営する政府公認の日本留学情報サイトです。詳細はこちら

文字サイズ
CONTACT 印刷用PDF
Planning studies in Japan

日本留学に利用されている各種試験

日本留学に係る試験やテストはいくつかあります。志望校の募集要項を確認し、指定された試験を受験してください。年に数回しか受けられない試験もありますので、早目に志望校へ確認しましょう。

日本留学試験(EJU)

日本留学試験(EJU)は、外国人留学生として、日本の大学(学部)等に入学を希望する人の日本語力と基礎学力(理科・総合科目・数学)を測る試験です。受験回数や年齢制限はありません。成績は2年間有効です。
日本の大学の60%以上にあたる485校、国立大学においてはほぼ全ての大学が入学選考にEJUの成績を利用しています。また渡日前入学許可制度を導入している学校や、EJUの成績優秀者への奨学金予約制度など、メリットもあります。
※いつ実施された試験を入学選考の対象とするかを指定する学校もありますので、必ず志望校の募集要項を確認してください。

入学試験に日本留学試験(EJU)を利用している学校検索はこちら

実施時期及び場所

【実施時期】
 年に2回実施
 第1回:6月 (出願は2~3月、成績通知は7月予定)
 第2回:11月 (出願は7月、成績通知は12月予定)

【実施場所】
 日本国内16都市
 日本国外14の国と地域、18都市
インド(ニューデリー)、インドネシア(ジャカルタ・スラバヤ)、韓国(ソウル、釜山)、スリランカ(コロンボ)、シンガポール、タイ(バンコク、チェンマイ)、台湾(台北)、フィリピン(マニラ)、ベトナム(ハノイ、ホーチミン)、香港、マレーシア(クアラルンプール)、ミャンマー(ヤンゴン)、モンゴル(ウランバートル)、ロシア(ウラジオストク)

日本留学試験(EJU)出願方法

出題科目

試験内容は、「日本語」と基礎学力を測る「理科」、「総合科目」、「数学」に分かれています。「日本語」は、日本の大学等での勉強に対応できる日本語力(アカデミック・ジャパニーズ)を測定するテストで、読解・聴解・聴読解が400点満点、記述が50点満点です。
「理科」、「総合科目」、「数学」はそれぞれ200点満点で、出題言語は日本語又は英語から選ぶことができます。「理科」は物理・化学・生物から2科目選択、数学は高度な数学を必要とする学部用のコース2と、それ以外の学部用のコース1分かれています。
受験の際には、志望校が指定する科目、言語を選択します。
※理科と総合科目は同時に選択することはできません。
※総合科目は、EJU独自の科目で、日本の高等学校の学習科目「公民(政治・経済など)」、「地理」、「歴史」をあわせた科目です。

EJUのメリット

奨学金の予約制度

EJUで優秀な成績を修めて、日本の大学(学部)、短期大学、高等専門学校(第3学年以上)または専門学校に正規生として入学する私費外国人留学生は、「文部科学省外国人留学生学習奨励費(留学生受入促進プログラム予約制度)」の給付予約ができます。
給付金額: 48,000円/月(2019年度)
申込方法: EJU出願時に指定する
選考方法: EJUの成績優秀者から選考

詳細は・・・ 留学生受け入れ促進プログラム予約制度

渡日前入学許可

「渡日前入学許可」とは、受験者が自国にいながら日本の大学等の入学者選抜を受験し、入学許可を得ることが可能となる制度です。渡日前入学許可制度利用校は、以下より検索できます。一覧は随時更新されます。また、「渡日前入学許可」実施の詳細については、各学校へお問い合わせください。

EJUを利用した渡日前入学許可校リスト

EJU過去問題

以下のサイトより、過去問題サンプルを確認できます。また、問題集等もありますので、受験の際の参考にしてください。

日本留学試験(EJU)過去問題サンプル

日本留学試験(EJU)試験問題 聴解・聴読解問題CD付き

14.EJUText.jpgのサムネイル画像 過去に出題されたEJU試験問題
 著作・編集:JASSO
 発行:株式会社凡人社(日本及び韓国での販売)
 ※日本留学促進資料公開拠点にて閲覧できます。

>日本留学試験(EJU)について詳細 14.EJU.jpgのサムネイル画像
>日本留学試験受験者の声

問い合わせ
日本国外での受験 国外試験実施協力機関 
日本国内での受験 日本留学試験(EJU)受付センター 
         TEL:0570-55-0585 Email : eju@sdcj.co.jp
日本国外からの電話 +81-42-649-9571

   

日本語能力試験(JLPT)

日本語を母語としない人を対象に、日本語の文字や語彙、文法についてどのくらい知っているか、またその知識を実施あのコミュニケーションでどのくらい使えるか、という総合的な日本語能力を測定し、認定することを目的とする試験です。試験は選択肢によるマークシート方式で行われます。レベルはN1~N5までの5段階で、N1が最もレベルが高いです。N5、N4は日本語学習者が主に教室内で学ぶ基本的な日本語をどのくらい理解できているかを測ります。最もレベルの高いN1は、新聞の論説読解が可能であり、ニュースや講義を聞いて詳細に理解できるレベルです。

実施時期及び場所

【実施時期】
年に2回実施
第1回:7月  第2回:12月 

【実施場所】
日本国内47都道府県
日本国外85の国と地域、249都市

実施機関及び問い合わせ先

日本国内実施
>公益財団法人 日本国際教育支援協会(JEES)
日本語能力試験受付センター 月~金曜日 9:30~17:30
TEL: 03-6686-2974 (海外からの場合 +81-3-6686-2974)

日本国外実施
>独立行政法人 国際交流基金
メール: jlptinfo@jpf.go.jp ※日本以外で受験する場合の問い合わせのみ
FAX: 03-5367-1025  (海外からの場合 +81-3-5367-1025)

大学入学共通テスト

日本人学生が国公立大学や一部の私立大学(学部)に入学する際、受験します。
外国人留学生に対しては、大部分の大学は受験を必要としていませんが、一部の大学の学部(主として医学部、歯学部)に出願する場合には、受験を必要とする学校があります。

>独立行政法人 大学入試センター

その他のテスト

英語能力を証明するもの

TOEFL®、IELTS、TOEIC®、実用技能英語検定(英検)
※日本の多くの大学では、出願時に英語能力の証明書の提出が必要です。事前に確認し、受験しておきましょう。

中等教育修了の学力を証明するもの

SAT、ACT、International Baccalaureate Exams、その他自国の大学入学統一試験の成績