本サイトは文部科学省及び外務省の協力の下、(独)日本学生支援機構が運営する政府公認の日本留学情報サイトです。詳細はこちら

文字サイズ
CONTACT 印刷用PDF
FAQ

FAQ 留学中

留学終了後

留学生の在留資格、在留カードについて教えてください。
住居はどのように手配したらよいですか。
転校したり居住地が変わる場合はどうすればよいですか。
どのようなときに在留資格を変更する必要がありますか。

在留資格の変更は、資格を有する⼈が目的を変更して別の資格に該当する活動を⾏おうとする場合に必要になります。留学⽣が「留学」の在留資格を変更する必要があるケースとして、以下のような場合があります。いずれの場合も,「在留資格変更許可」の申請は、地⽅出⼊国在留管理官署で⾏い,⼿数料が必要です。在留資格変更許可申請に必要な書類等は出⼊国在留管理庁局のホームページでご確認ください。

1)大学等卒業後、日本での就職が決まった場合

⼤学等を卒業した⼈が、⽇本での就職が決まった場合には、「留学」の在留資格から、働くための在留資格に変更しなければなりません。
働くための在留資格には、エンジニアや通訳・翻訳、貿易業務などの「技術・⼈⽂知識・国際業務」、研究者として働く「研究」、⾃分で会社を経営する「投資・経営」、⽇本の⼩中学校で教える「教育」などがあります。

2)卒業後も、就職活動を続ける場合

⼤学等を卒業した⽅が、卒業までに就職が決まらず、卒業後も⽇本での就職活動を継続することを希望する場合、在留資格を「特定活動」に変更する必要があります。最⻑1年間の滞在が認められています。また、卒業した⼤学や専門学校からの推薦が必要になりますので、希望する⽅は、⼤学等にご相談ください

3)卒業後、自分で会社を始めるための活動を継続する場合

⼤学等を卒業した⽅が、卒業後も、⽇本で⾃分で会社を始めるための活動を⾏うことを希望する場合、在留資格を「特定活動」に変更する必要があります。最⻑6か⽉まで、起業活動を継続することができます。本⼿続については以下をご参照ください。

在留期間を延長することはできますか。
留学中にアルバイトはできますか。
留学中にインターンシップや就職活動はできますか。

最近は、在学中に企業体験としてインターンシップを経験する⼈が増えています。インターンシップは、⼀般的には学⽣が企業等で修業体験する制度のことをいいます。在学中のインターンシップの制度の有無については、学校に確認してください。
また、⽇本⼈学⽣と同様に留学中に就職活動を⾏い、⽇本で就職する留学⽣も増えています。

留学中に国外への旅行はできますか。
医療保険や損害保険への加入は必要ですか。
留学中に奨学金の延長や,新規奨学金への申請はできますか。

留学中に奨学金を延長したい場合は、在学中の学校または各奨学金主催団体に相談してください。
新規奨学金への申請を行うことはできますが、申請締め切りや奨学金の支給開始時期は各奨学金主催団体によって異なります。在学中の学校へ早めに相談してください。