本サイトは文部科学省及び外務省の協力の下、(独)日本学生支援機構が運営する政府公認の日本留学情報サイトです。詳細はこちら

文字サイズ
CONTACT 印刷用PDF
FAQ

FAQ 留学準備

留学準備

留学までのスケジュールを教えてください。
在外公館(日本大使館・総領事館)ではどのような留学情報を得ることが出来ますか。

1. 留学情報資料の閲覧

海外にある日本の大使館・領事館では、さまざまな留学関連情報を閲覧することが出来ます。主な資料としては以下のものがあります。

  • 日本への留学に関する一般的な情報(留学準備・教育機関・入国手続き・生活のことなど)
  • 日本の留学制度に関する資料
  • 奨学金に関する資料
  • 大学(学校・学部案内など)、大学院、専門学校、日本語学校に関する情報
  • 宿舎に関する情報
  • 過去の入試問題(見本)

2. 留学生アドバイザーによる情報提供

留学生の多い国の日本大使館・総領事館では、日本留学の経験者など日本の教育や日本の事情に詳しい人をアドバイザーとして配置し(非常勤)、日本留学に関する各種照会や相談に応じています。また、首都ばかりではなく、地方都市でも、年に1~数回程度地方説明会を実施していることもありますので、在外公館に問い合わせてください。
中でも特に留学生の多い中国(北京及び上海)、韓国、マレーシア、インドネシア、タイの6公館では「日本留学情報提供コーナー」を設置し、常勤の留学アドバイザーが情報提供や相談にあたっています。 お近くの在外公館は下のホームページで探してください。

各在外公館のホームページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/zaigai/list/index.html

身元保証人は必要ですか。

1996年12月に入国・在留のための身元保証人制度が廃止され、日本留学のための入国にあたって、身元保証人は必要ではなくなりました。しかし、日本は生活のさまざまな場面で身元保証人が必要となる社会です。アパートを借りる時や、大学・専修学校の受験、入学の手続きをする時にも必要になることがあります。また入学後も、奨学金や授業料減免の申請をする際に必要とされることがあります。このように、「身元保証人制度」は入国及び在留に関して必要なくなりましたが、日本における生活においてはまだ必要な場面も多いのです(これらは、日本人学生にも要求されます。)
日本留学を希望するなら、来日後の身元保証人について来日前に入学先によく確認しておいた方がよいでしょう。例えば日本語学校に入学する場合、在学中については学校が保証人を引き受ける場合があります。また、地域によっては地域国際化協会が中心となり留学生の連帯保証人制度をつくっていることもあります。

留学にかかる学費や生活費はどの程度ですか。
留学ビザの申請方法を教えてください。
入学選考を受けるために来日する場合はどうすればよいですか。

受験のために日本に来る場合は、渡日前に、受験する学校の受験票をもって在外日本国公館で「短期滞在」査証を取得しておく必要があります。滞在できる期間は15日、30日または90日です。ただし、査証免除対象国の方は査証申請の必要はありません。

  • 査証免除の場合、原則、合格後にいったん帰国して在留資格「留学」の査証を取得する必要があります。
どのような留学の種類,方法がありますか。
日本の教育制度について教えてください。

高等教育資格承認情報センター(NIC-Japan)のウェブサイトでは、日本の教育制度の概要、高等教育機関の種類、高等教育資格、高等教育機関への入学等に関する情報を掲載しています。

高等教育資格承認情報センター(NIC-Japan)

日本の学校教育で得られる学位や称号にはどのようなものがありますか。

学士

大学を卒業した者等に対して与えられる学位です。大学の卒業の要件は、原則として、大学に4年(医学、歯学、獣医学の課程または6年制の薬学部にあっては6年)在学し、124単位(医学又は歯学は188単位、獣医学は182単位、薬学は186単位)以上修得することが必要です。

修士

大学院の修士課程を修了した者等に対して与えられる学位です。修士課程の修了の要件は、原則として、大学院に2年(2年以外の標準修業年限を定める研究科、専攻等にあっては当該標準修業年限)在学し、30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けて当該大学院が行う修士論文の審査等に合格することが必要です。

博士

大学院の博士課程を修了した者等に対して与えられる学位です。博士課程の修了の要件は、原則として、大学院に5年(修士課程修了者にあっては3年)在学し、30単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けて当該大学院が行う博士論文の審査及び試験に合格することが必要です。

短期大学士

短期大学を卒業した者に対して与えられる学位です。修業年限が2年の短期大学の卒業の要件は、原則として、短期大学に2年在学し、62単位以上を修得することが必要です。修業年限が3年の短期大学の卒業の要件は、原則として、短期大学に3年在学し、93単位以上を修得することが必要です。

準学士

高等専門学校を卒業した者が称することのできる称号です。卒業要件は原則として5年在学し(留学生は主に高等専門学校の第3学年に編入学します。)、167単位以上を修得することが必要です。

専門士

専修学校の専門課程のうち、修業年限2年以上、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上等の要件を満たすと文部科学大臣が認めたものを修了した者が称することのできる称号です。

高度専門士

専修学校の専門課程のうち、修業年限4年以上、課程の修了に必要な総授業時間数が3,400時間以上等の要件を満たすと⽂部科学⼤⾂が認めたものを修了した者が称することのできる称号です。

どのように大学を選べばよいですか。
専門学校留学について教えてください。
高等専門学校留学について教えてください。
語学留学について教えてください。
学校への資料請求・出願方法・入学選考について教えてください。
日本語能力はどのくらい必要ですか。

日本の高等教育機関では、基本的にすべての授業が日本語で行われています。授業についていくための日本語を習得するには、日本語能力試験の1級か2級程度の能力が必要です。

大学・短期大学の場合

受験資格として日本語能力試験あるいは日本留学試験を必要とする大学があります。また、入学試験で日本語での面接、論文、作文が行われることもあります。

大学院の場合

修士課程、博士課程の選考で日本語能力試験を必要とする大学院があります。近年、大学や大学院では英語による学位取得が可能なプログラムも増えています。

専門学校の場合

専門学校に留学するためには、一定の日本語能力が求められます。詳しくは下記のページを確認してください。

日本留学試験は日本国外で受験可能ですか。
初等・中等教育期間が12年未満の場合はどうすればよいですか。

日本の大学(学部)・短期大学・専門学校へ入学するためには、原則として、正規の学校教育の12年の課程を修了している必要があります。(高等専門学校への編入学は11年、大学院(修士課程)への入学は16年の学校教育の課程を修了していなければなりません。)
10年または11年の初等・中等教育を修了した者が日本の大学等に入学する場合は、次のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  1. 母国の大学入学前の準備教育課程や大学等の高等教育機関に1年または2年在籍し、正規の学校教育の12年目の課程を修了する。
  2. 文部科学大臣が指定する準備教育課程(*1)を修了する(日本の高等学校相当の課程を修了した者に限る)。

ただし、初等・中等教育の教育課程が12年に満たない課程を修了した者については、文部科学大臣が指定した当該国で11年以上の課程(*2)を修了した場合、準備教育課程を修了しなくても入学資格があるとみなされる。
なお、詳細は以下をご確認ください。

どのような奨学金制度がありますか。
  1. 奨学金
  2. 授業料減免制度(30%、50%、100%免除等)
日本国外から応募できる奨学金はありますか。
  1. 〈渡日前応募〉 日本に来る前に日本国外で応募する(少数)
  2. 〈渡日後応募〉 日本に来て学校に入学した後に、日本国内で応募する(ほとんど)
留学中に奨学金の延長や,新規奨学金への申請はできますか。

留学中に奨学金を延長したい場合は、在学中の学校または各奨学金主催団体に相談してください。
新規奨学金への申請を行うことはできますが、申請締め切りや奨学金の支給開始時期は各奨学金主催団体によって異なります。在学中の学校へ早めに相談してください。