STUDY in JAPANSTUDY in JAPAN

  • Student Guide to Japan 2019-2020
  • 日本留学奨学金パンフレット2019-2020
  • イベント情報
  • International Students Interview
  • 日本企業の皆様へ-外国人留学生の国内での就職状況等に関する情報について-

沿革

1991年に学部を持たない大学院大学として設置され、情報科学、バイオサイエンス、物質創成科学の3分野とこれらの融合領域において、世界レベルの研究を推進するとともに、その成果に基づく高度な教育を実施。2018年度から、融合領域教育プログラムの強化に重点を置いた1研究科体制へ移行した。

外国人留学生進路状況(平成29年度実績)

就職実績(企業名)

  • ●同一都道府県内
  • ●同一都道府県外
    ヒューマンリソシア株式会社、アルプス電気株式会社、株式会社シンクロ・フード、株式会社新日本科学、日本アイ・ビー・エム・サービス株式会社、株式会社ファーマフーズ、日本電信電話株式会社、株式会社東芝、ソニーマーケティング株式会社、オムロン株式会社、マイクロンメモリジャパン株式会社、共同薬品株式会社、株式会社ユニソク、株式会社アルプス技研、株式会社スパイクチュンソフト、アクシオヘリックス株式会社、日産自動車株式会社、カドカワ株式会社、楽天株式会社、ロート製薬株式会社 等

就職支援に関する取組

  • ●外国人留学生のインターンシップへの参加について
    任意
  • ●留学生向けに特化した就職ガイダンスの実施について
    実施している
  • ●留学生向けに特化した合同企業説明会の実施について
    実施していない
  • ●留学生向けに特化した企業との交流会について
    実施している
  • ●留学生向けに特化したキャリア科目の実施について
    正課
  • ●留学生向けに特化した日本企業文化理解科目の実施について
    実施していない
  • ●その他の取組みについて
    留学生向けに、キャリア相談、企業体験プログラム、起業情報共有セッション、個別企業説明会等を実施。

留学生のOB/OGインタビュー

●インタビュー1
ペンネーム:
Aさん
就職先:
ロート製薬株式会社(研究職)
インタビュー:
 大学で開催されたキャリアイベントに参加し、ヘルスサイエンスに幅広く取り組んでいるロート製薬に興味を抱き応募しました。日本語が得意でなかったため、留学生の採用が日本人の採用と分けられていたのも、応募する上で魅力的でした。
 入社後は、研究者として商品開発に貢献できていることを実感しています。仕事の領域が限定されておらず、幅広い仕事にチャレンジする機会があることが嬉しいです。アカデミアにおいては、主なアウトプットが学会発表や文献発表だったことに対し、企業ではこれら発表に加えて商品や特許などアウトプットの幅が広いことも魅力の1つです。
 今後は母校も含め、もっと外の大学との共同研究の可能性を探り、研究を進めていきたいと考えています。研究の成果は、いずれは出身である東南アジアにも役立てたいと思います。また、社内の研修や仕組みも活用し、研究以外のことにも挑戦していきます。自分の新しい可能性を探り、常に自らを高めていきたいと思います。

●インタビュー2
ペンネーム:
ベービス
就職先:
Gochiso株式会社(インターネットプラットフォーム事業、COO?エンジニア)
インタビュー:
 この会社を選んだ理由ですが、博士後期課程三年生の時に、偶然にSNSで自分の親友(現在会社のCEO)が日本でソーシャルビジネス型のベンチャー企業を立ち上げたというニュースを見かけ、もともとスタートアップに興味があった私は早速彼に連絡しました。彼が立ち上げた「Gochiso」というベンチャー企業は、より持続可能な未来を作るため、日本ではまだ着目されてない社会貢献精神をより日本人に意識させようとするミッションがあります。自分はそのビジョンに強く共感したため、ぜひとも私も参加させて頂きたいと伝え、すぐに「OK」を頂きました。最初はボランティアとしてジョインしたのですが、去年の四月に正式なメンバーになりました。
 現在は、主にウェブサイトの開発をしております。しかし、メンバーがまだ少ないため、資金調達や、営業など様々なタスクも依頼されました。それによって、事業発展にはとても重要なスキルを身につけることもできました。
 今後の抱負ですが、ビジネスモデルを定着させると同時に、SDGsが日本でさらに広がっていくと共に事業をさらに拡大できるよう注力していきます。

●インタビュー3
ペンネーム:
WKL
就職先:
株式会社ファーマフーズ (職務内容:機能性食品素材、化粧品などの研究開発)
インタビュー:
 私はこの会社で働く理由は3つあります。I)私は常に人間の健康改善・病気予防に役立つ製品を作りたいと考えております。現在の会社は独自技術を持っており、素材の研究開発を盛んに行っています。自分の知識やスキルを活用するチャンスが多くあります。II)社内の雰囲気がよいです。入社前、私は現在の会社のイベントに参加しました。会社の人数は多くないのですが、社員同士の仲が良くポジティブな環境だと思ったのが第一印象です。III)現在の会社は海外ビジネス展開を目指しているので、自分の語学、文化背景で貢献ができます。 社内には国籍に関係なく、海外事業展開に関わるポテンシャルのある人材を集めたグローバルソリューションチーム(GST)があり、私も属しています。
 私の主な仕事は新しい機能性食品、健康食品、美肌素材などの研究開発です。それ以外にGSTとして、部署の垣根を越えて海外事業展開の支援もします。今後の抱負は、独自で新しい機能性素材を開発し、出来るだけ早く商品化して消費者に届ける事です。

日本語教育に係る取組

  • ●日本語教育に係る取組①
    ※外国人留学生向けの就職をサポートすること目的に、「ビジネス日本語の授業・講座」の開講状況について 
    ビジネス日本語の授業・講座については開講していない。
  • ●日本語教育に係る取組②
    ※外国人留学生向けの就職をサポートすること目的に、「ビジネス日本語の授業・講座」の開講以外の取組について
    日本語能力試験N2あるいはN1に合格できる日本語力を養成することを目的とした授業を開講している。

問合せ先(キャリア担当窓口)

  • 〒630-0192
  • 奈良県生駒市高山町8916-5
    奈良先端科学技術大学院大学 教育支援課
  • TEL:0743-72-5922
  • Email:career@ad.naist.jp