STUDY in JAPANSTUDY in JAPAN

  • Link
  • FAQ
  • Student Guide to Japan 2019-2020
  • 日本留学奨学金パンフレット2019-2020
  • イベント情報
  • International Students Interview
  • 日本企業の皆様へ-外国人留学生の国内での就職状況等に関する情報について-

CONTACT

沿革

1913年、イエズス会によって設立。"Men and Women for Others, with Others"を教育精神とし、キリスト教ヒューマニズムに基づく人間教育と豊かな国際性が特色。都心のワンキャンパスに世界81の国から2,000人以上の留学生を受入れ、グローバルな環境の下、多様性ある学びを展開している。

外国人留学生進路状況(平成29年度実績)

就職実績(企業名)

  • ●同一都道府県内
    ㈱野村総合研究所、みずほフィナンシャルグループ、野村證券㈱、SBIホールディングス㈱、アクセンチュア㈱、アビームコンサルティング㈱、デロイトトーマツコンサルティング合同会社、楽天㈱、㈱博報堂、㈱ソニー・ミュージック・エンタテインメント、㈱USEN、㈱資生堂、㈱日立製作所、㈱サイバーエージェント、日本アイ・ビー・エム・サービス㈱、㈱オンワード樫山、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン㈱、㈱ベネッセコーポレーション、アットホーム㈱、㈱ローソン
  • ●同一都道府県外
    豊島㈱、パナソニック㈱、三菱ふそうトラック・バス㈱、ジヤトコ㈱、UDトラックス㈱、㈱常陽銀行、ハウス食品㈱、㈱成城石井、㈱くらコーポレーション、吉本興業㈱、㈱髙島屋、ワタキューセイモア㈱、㈱アスカコーポレーション、ANAクラウンプラザホテル大阪、㈱津南高原開発、東芝インフラシステムズ㈱、日興システムソリューションズ㈱、PwC Korea Consulting、新華通訊社、Rosetta Stone Inc.

就職支援に関する取組

  • ●外国人留学生のインターンシップへの参加について
    任意
  • ●留学生向けに特化した就職ガイダンスの実施について
    実施している
  • ●留学生向けに特化した合同企業説明会の実施について
    実施している
  • ●留学生向けに特化した企業との交流会について
    実施している
  • ●留学生向けに特化したキャリア科目の実施について
    正課
  • ●留学生向けに特化した日本企業文化理解科目の実施について
    正課
  • ●その他の取組みについて
    正課外においても、キャリアセンター主催で留学生向けに特化した就職支援プログラムを年間20本程度実施。日本での就職準備についての総合的なガイダンスから、ES対策や内定者アドバイス会、模擬面接指導まで、年間を通じて支援に当たっている。

留学生のOB/OGインタビュー

●インタビュー1
ペンネーム:
K.B.
就職先:
日鉄物産株式会社 (複合専業商社)
インタビュー:
中学校時代に日本のドラマやアニメから刺激を受け、日本を留学先として決めた。特に日本人が仕事に対する責任感に感銘を受けたので、私にとって日本は学びの宝庫だった。

当時は社会福祉学に興味を持ち、上智大学には日本の社会保障政策づくりに携わった先生がおり、上智に進学した。中国経済は日に日に発展しているものの、高額な医療費を払えない人が大勢おり、社会問題となっていた。このような社会問題を解決する為にはどうすればいいのかという課題を持ち、上智で学んだ。

日本で働くことは私にとって活躍のフィールドが広がると考えた。私は日中韓3カ国の文化に馴染んでおり、中国で就職するより、日本で就職した方がより成長できると考えた。

就職の面接では堅苦しく述べるのではなく、キャッチーボール形式で会話することを意識した。また、面接官が質問した意図を汲み取り、それに合わせて回答する様努力した。各企業は学生の志望度を様々な質問で確かめることが印象に残った。

現在は日本製鉄の各製鉄所で使用する資機材を国内外から調達する仕事に取り組んでおり、今後はリスクマネジメント能力を高め、お客様が信頼する海外調達のプロになりたい。

●インタビュー2
ペンネーム:
ZWT
就職先:
(金融業)
インタビュー:
・上智大学を選んだ理由
上智の竹田教授の研究分野と自分の専攻テーマ方向性が一致しているため入学しました。自分の勉強だけではなく、いろんな国の人々との異文化交流もでき、いい思い出がいっぱいできました。

・日本の就職活動で大変だったこと、印象に残っていること
日本に留学できたのなら、いろんなことに挑戦したいという想いがありました。人生で今しか体験できないと思い、就職活動を始めました。外国人にとって、業界・企業分析、情報収集など就職活動の全てが大変でしたが、私にとって、一番苦労したのは自己分析でした。20年以上学業しかやってない私が、大学院卒業後、新たに何をしたいか、何ができるのか、正直迷いました。しかし、見方を変えて見ることで、世の中、仕事は何があるのかを調べ始め、自分がやりたい仕事を見つけることができました。経済学出身ですので、金融業界に絞り、幸い金融会社に入社することができました。余裕があれば、いろんな業界を分析した方がいいと思います。

・後輩の方へのアドバイス
①準備は早ければ早いほどいいと思います。
②就職活動の仲間をみつけましょう。
③面接官の立場で面接問題を考えましょう。

●インタビュー3
ペンネーム:
NPQT
就職先:
学校法人上智学院 (教育機関)
インタビュー:
・上智大学を選んだ理由
上智は日本研究の専攻に長い歴史があり、強みでもあります。文化人類学観点からみる日本について研究をしたく、選びました。

・日本で就職しようと思った理由、力を入れたこと
大学で学べた日本語、日本社会への適応力を活かしたく、日本での就活をしました。活動中は「日本のことを世界へ発信したい」「日本の魅力を感じられる人、日本を学びたい人を増やしたい」という思いで、国際的に人と接する仕事を探しました。できるだけ企業担当者と共に両サイドの思いを共有でき、入社後のギャップを最小限にすることに力を入れました。

・現在の仕事内容、目標など
現在は、出身大学の学生支援部門で働いており、国際寮の運営や海外大学との交流プログラムを担当しています。今後の目標は、国際寮や日本での学生の生活が有意義な体験になれるような環境を作ることです。また、その環境で学生が様々な経験を通じて成長になればとても嬉しく思います。

・後輩の方へのアドバイス
就活中に迷うことが多くあるかと思いますが、その時は、「元々自分が一番したいこと」「自分の就職活動の原点」を思い出し、行動に移ることをアドバイスしたいです。

日本語教育に係る取組

  • ●日本語教育に係る取組①
    ※外国人留学生向けの就職をサポートすること目的に、「ビジネス日本語の授業・講座」の開講状況について 
    ビジネス日本語の授業・講座(受講任意)
  • ●日本語教育に係る取組②
    ※外国人留学生向けの就職をサポートすること目的に、「ビジネス日本語の授業・講座」の開講以外の取組について
    就職サポートに特化した目的ではなし。(Language Learning Commonsでの「日本語学習サポート制度」や、日本語を学習中の留学生と外国語を学習中の日本人学生がランチを持ち寄り交流する"Language Exchange"、留学生サポートリストバンドの配布など、全体的な留学生支援としては複数の取組を実施。)

問合せ先(キャリア担当窓口)

  • 〒102-8554
  • 東京都千代田区紀尾井町7-1
    上智大学 学生局キャリアセンター
  • TEL:03-3238-3581
  • Email:career@cl.sophia.ac.jp(~6月末まで使用)
    career-co@sophia.ac.jp(7月~使用開始)